弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

 北朝鮮により弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性があるときは、政府から、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達されることになっています。 
 国では、昨今の情勢を踏まえ、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に、国民がとるべき行動についてとりまとめています。
 「弾道ミサイル落下時の行動について」は裏面に掲載していますので、内容をよく読んで、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合や緊急事態の際には、防災行政無線や報道などに注意し、落ち着いて行動してください。

 
※この情報伝達の流れや注意点等について、国民保護ポータルサイト(ホームページ:裏面参照)に掲載されています。

お問い合せ
住民生活課/住民福祉班 電話番号:0185-45-2114  

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧にはADOBE®社のAdobe Readerが必要です。

戻る